知られざるダイヤモンド4Cガイド

ダイヤモンドは4Cで決まると言われています

ダイヤモンドは4Cで決まると言われています

ダイヤモンドでは良く4Cなどと言われたりしますが、4Cを正確に答えられる人は少ないようです。

4Cとは一体なんなのか、お話ししましょう。

▼ダイヤモンドの価値と4Cについて。

ダイヤモンドに限らず宝石は善し悪しが問われます。

質が良いとみなされればみなされるほど価値の高いものとなります。

ではどのような基準で善し悪しが判断されているのかというと、ダイヤモンドの場合は4Cです。

ダイヤモンドの価値は4Cで決まります。

4Cというのは、カラット(Carat=重さ)、カラー(Color=色)、カット(Cut=プロポーション)、クラリティ(Clarity=透明度)のことで、この4つの頭文字をとって4Cと呼ばれています。

表記は「4C」と書いたり「4C」と書いたりしますが、指している意味は同じです。

カラットのことをダイヤモンドの大きさと思っている人が多くいますが、そうではなく重さを意味します。

▼ダイヤモンドでもっとも大事なバランス。

ダイヤモンドはこの4つのcの在り方で価値が決まります。

たとえばカラットの数値だけが大きくても、透明感がなかったり、カットの技術が未熟でプロポーションが整っていなかったりしたら、価値はそれだけ下がってしまいます。

4つのCの均整がとれていて、なおかつカラットの数値が大きいダイヤモンドが高値で取引きされます。

▼カラット(重さ)は、「1ct=0.200g」ですから1gでは5ct~。

大富豪でもなければ手に届かないダイヤモンドですが、知識として知っておきましょう。

通常私たちが手にするダイヤモンドは、1gなどというものではありませんが、知識としては知っておいたほうが良いでしょう。

実際の購入ではカラットの数値ではなく、4Cのバランスが大事になることを覚えておいてください。

Copyright (C) 知られざるダイヤモンド4Cガイド. All Rights Reserved.