知られざるダイヤモンド4Cガイド

良いダイヤモンドと悪いダイヤモンドの違いはどこ?

良いダイヤモンドと悪いダイヤモンドの違いはどこ?

良いダイヤモンドと悪いダイヤモンドの違いは、4Cの等級をベースにしたガイドラインを知ればその境目が分かります。

概略をお話ししましょう。

▼一流の宝飾店のガイドラインを基準にする。

良いダイヤモンドと悪いダイヤモンドの違いを知ったり、また見分けたりできるようになるには、まずダイヤモンドの4Cを基本にすることです。

たとえばカラットなら0.3カラット以上であること、クラリティはSIクラス以上であることなど、ダイヤモンドや貴金属の一流店がガイドラインとしている4Cを知れば、ダイヤモンドの質が分かってきます。

▼クラリティのSIクラス以上というガイドライン。

クラリティのSIクラス以上というのは、実際に人間の目で確認できるレベルでの不純物や傷がダイヤモンドに含まれていない水準を指します。

さらにカラーであれば4C等級にあるHクラス以上であることや、カットの出来具合についてはGOOD以上が最低限のラインと定められています。

ダイヤモンドの鑑定書には、こうした4Cに基づく評価が商品ごとに記載されています。

▼4Cを基本にレベルが決められていて、そのレベル以下のダイヤモンドが悪いダイヤモンドです。

ガイドラインは宝飾店によって異なります。

宝飾店はお客様に対する信頼を第一とするので、ガイドラインを下げた低級のダイヤモンドを販売することはありません。

しかし極まれに安売りダイヤモンド、訳ありダイヤモンドを掲げてセールをするショップもあります。

通常のレベルよりかなり下がるはずです。

Copyright (C) 知られざるダイヤモンド4Cガイド. All Rights Reserved.